【中山記念2022予想】過去5年データと血統傾向

競馬予想

今週も過去5年のデータと血統傾向をもとに予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

過去5年データ

  • 芝1600~2000mの重賞レースで勝利を経験
  • 中山芝1800m勝利経験か中山芝重賞レースで2着以内

GⅠでの活躍馬を輩出するレースとあって、過去の重賞勝ち馬の好走が目立っています。

あと中山芝コースの実績も重要ですね。

過去5年の連対馬15頭の全頭が上記の2項目のどちらかに該当しています。

お名前.com

【芝1600~2000mの重賞レースで1着を経験】

開催年過去の該当馬
20171着:ネオリアリズム(牡6)⇒札幌記念(GⅡ)1着
3着:ロゴタイプ(牡7)⇒安田記念(GⅠ)1着を含む4勝
20181着:ウインブライト(牡4)⇒福島記念(GⅢ)1着を含む2勝
2着:アエロリット(牝4)⇒NHKマイルC(GⅠ)1着を含む2勝
3着:マルターズアポジー(牡6)⇒関屋記念(GⅢ)1着を含む3勝
20191着:ウインブライト(牡5)⇒中山金杯(GⅢ)1着を含む4勝
2着:ラッキーライラック(牝4)⇒阪神JF(GⅠ)1着を含む3勝
3着:ステルヴィオ(牡4)⇒マイルCS(GⅠ)1着を含む2勝
20201着:ダノンキングリー(牡4)⇒毎日王冠(GⅡ)1着を含む2勝
2着:ラッキーライラック(牝5)⇒阪神JF(GⅠ)1着を含む3勝
3着:ソウルスターリング(牝6)⇒阪神JF(GⅠ)1着を含む2勝
20211着:ヒシイグアス(牡5)⇒中山金杯(GⅢ)1着
2着:ケイデンスコール(牡5)⇒京都金杯(GⅢ)1着を含む2勝

今年の該当馬は

  • カラテ(牡6)
  • 2021東京新聞杯(GⅢ)1着
  • ガロアクリーク(牡5)
  • 2020スプリングS(GⅡ)1着
  • コントラチェック(牝6)
  • 2019フラワーカップ(GⅢ)1着
  • 2019ターコイズS(GⅢ)1着
  • ダノンザキッド(牡4)
  • 2020東スポ2歳S(GⅢ)1着
  • 2020ホープフルS(GⅠ)1着
  • トーラスジェミニ(牡6)
  • 2021七夕賞(GⅢ)1着
  • パンサラッサ(牡5)
  • 2021福島記念(GⅢ)1着
  • マルターズディオサ(牝5)
  • 2020紫苑S(GⅢ)1着
  • 2020チューリップ賞(GⅡ)1着
  • ルフトシュトローム(牡5)
  • 2020ニュージーランドT(GⅡ)1着

【中山芝1800mで勝利経験(未勝利、新馬戦は除く)か中山芝重賞レースで2着以内】

開催年過去の該当馬
20172着:サクラアンプルール(牡6)
3着:ロゴタイプ(牡7)
20181着:ウインブライト(牡4)
2着:アエロリット(牝4)
20191着:ウインブライト(牡5)
3着:ステルヴィオ(牡4)
20202着:ラッキーライラック(牝5)
20211着:ヒシイグアス(牡5)
3着:ウインイクシード(牡7)

今年の該当馬は

  • ウインイクシード(牡8)
  • 2020中山金杯(GⅢ)2着
  • (中山芝1800m)1勝
  • ガロアクリーク(牡5)
  • 2020スプリングS(GⅡ)1着
  • (中山芝1800m)1勝
  • コントラチェック(牝6)
  • 2019フラワーC(GⅢ)1着を含む3勝、2着1回
  • (中山芝1800m)1勝
  • ダノンザキッド(牡4)
  • 2020ホープフルS(GⅠ)1着
  • (中山芝1800m)0勝
  • トーラスジェミニ(牡6)
  • (中山芝1800m)1勝
  • マルターズディオサ(牝5)
  • 2020紫苑S(GⅢ)1着
  • (中山芝1800m)0勝
  • ルフトシュトローム(牡5)
  • 2020ニュージーランドT(GⅡ)1着
  • (中山芝1800m)0勝

前走GⅠ組以外は3着以内!

過去5年の連対馬15頭中

  • 前走GⅠ組(重賞勝ち経験馬)⇒9頭
  • 前走オープン、重賞組(GⅠ除く)3着以内⇒6頭

どちらかに全頭該当しています。

今年の該当馬は

【前走GⅠ組】

  • ダノンザキッド(牡4)⇒マイルCS
  • パンサラッサ(牡5)⇒有馬記念

【前走オープン、重賞組3着以内】

  • アドマイヤハダル(牡4)⇒白富士S(OP)2着
  • カラテ(牡6)⇒東京新聞杯(GⅢ)3着
  • ヒュミドール(セン6)⇒福島記念(GⅢ)2着
馬券が買える!レースが観れる!
地方競馬を楽しむならオッズパーク

注目血統(2017~2021)

  • ステイゴールド、オルフェーヴル産駒
  • 父か母父にノーザンダンサー系

過去5年でオルフェーヴル、ステイゴールド産駒の連対馬はウインブライトとラッキーライラックの2頭だけですが、目立つのはノーザンダンサー系。

特にサドラーズウェルズ系、ストームバード系に注目したいと思います。

開催年過去の該当馬
20173着:ロゴタイプ(牡7)【父】サドラーズウェルズ系
20181着:ウインブライト(牡4)【父】ステイゴールド
2着:アエロリット(牝4)【父】ヴァイスリージェント系
3着:マルターズアポジー(牡6)【父】ストームバード系
20191着:ウインブライト(牡5)【父】ステイゴールド
2着:ラッキーライラック(牝4)【父】オルフェーヴル
3着:ステルヴィオ(牡4)【母父】ノーザンダンサー系
20201着:ダノンキングリー(牡4)【母父】ストームバード系
2着:ラッキーライラック(牝5)【父】オルフェーヴル
3着:ソウルスターリング(牝6)【父】サドラーズウェルズ系
20211着:ヒシイグアス(牡5)【母父】ストームバード系

今年の該当馬は

  • カラテ(牡6)
  • 【母父】ヴァイスリージェント系
  • ゴーフォザサミット(セン7)
  • 【母父】ストームバード系
  • ダノンザキッド(牡4)
  • 【母父】ダンチヒ系
  • パンサラッサ(牡5)
  • 【母父】サドラーズウェルズ系
  • ヒュミドール(セン6)
  • 【父】オルフェーヴル
今なら、無料登録で【馬王Z】自動運転攻略法を提供!!

競馬予想なら!
競馬最強の法則WEB

最終予想

◎ ⑮ダノンザキッド(牡4)

本命はダノンザキッド。

なんだかんだ言っても出走メンバー唯一のGⅠ馬。

ここは外枠でも力でねじ伏せてくれると思います。

父のジャスタウェイは2014年同レースの覇者でもありコース適正も問題なさそうですね。

⇓相手候補はこちら(まっさん)19番目


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました