【阪神大賞典2022予想】過去5年データからの注目馬

競馬予想

今回はディープボンドが圧倒的な1番人気が想定されていますが、阪神大賞典は過去からもGⅠで活躍してきた馬が強いレース。

ここはディープボンド1着固定で仕方ないでしょうか。

お名前.com
スポンサーリンク

過去5年データ

  • 過去に芝2200m以上のGⅠかGⅡで2着以内かダイヤモンドSGⅢ)3着以内

※連対馬15頭中12頭が該当

開催年過去の該当馬
20171着:サトノダイヤモンド(牡4)⇒菊花賞(GⅠ)1着など
2着:シュバルグラン(牡5)⇒阪神大賞典(GⅡ)1着など
20181着:レインボーライン(牡5)⇒菊花賞(GⅠ)2着
2着:サトノクロニクル(牡4)⇒京都新聞杯(GⅡ)2着
3着:クリンチャー(牡4)⇒菊花賞(GⅠ)2着など
20191着:シャケトラ(牡6)⇒日経賞(GⅡ)1着など
2着:カフジプリンス(牡6)⇒ダイヤモンドS(GⅢ)3着
3着:ロードヴァンドール(牡6)⇒日経新春杯(GⅡ)2着
20201着:ユーキャンスマイル(牡5)⇒ダイヤモンドS(GⅢ)1着
3着:メイショウテンゲン(牡4)※⇒ダイヤモンドS(GⅢ)2着
20211着:ディープボンド(牡4)⇒京都新聞杯(GⅡ)1着
2着:ユーキャンスマイル(牡6)⇒阪神大賞典(GⅡ)1着

今年の該当馬は

  • アイアンバローズ(牡5)
  • アドマイヤアルバ(セン7)
  • ダンビュライト(セン8)
  • ディープボンド(牡5)
  • トーセンカンビーナ(牡6)
  • マンオブスピリット(セン5)
  • ユーキャンスマイル(牡7)

直近2走で芝2200m以上のレースで上り1位を経験

開催年過去の該当馬
20171着:サトノダイヤモンド(牡4)
3着:トーセンバジル(牡5)
20181着:レインボーライン(牡5)
2019(該当馬なし)
20201着:ユーキャンスマイル(牡5)
2着:トーセンカンビーナ(牡4)
3着:メイショウテンゲン(牡4)
20213着:ナムラドノヴァン(牡6)

今年の該当馬は

  • マカオンドール(牡4)

阪神大賞典の勝利馬のデータ

  • 芝2200m以上のレースでGⅠ連対かGⅡ、GⅢ勝ち経験馬

今年は

  • ディープボンド(牡5)
  • ダンビュライト(セン8)
  • ユーキャンスマイル(牡7)

の3頭が単勝候補。

地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク

注目馬ピックアップ

ディープボンド(牡5)57.0

  • 【父】キズナ(サンデー系)
  • 【母父】キングヘイロー(リファール系)
  • 【前走】有馬記念(GⅠ)2着

前走有馬記念では凱旋門賞帰りということもあって少々人気を下げていましたが、2着を確保。

エフフォーリアに屈しましたが、十分にトップクラスの実力は証明できたのではないでしょうか。

本番の天皇賞で悲願のGⅠをとるためにも、このメンバーではすんなりとクリアしておきたいところでしょう。

トーセンカンビーナ(牡6)56.0

  • 【父】ディープインパクト(サンデー系)
  • 【母父】Hawk Wing(ミスプロ系)
  • 【前走】ダイヤモンドS(GⅢ)3着

前走のダイヤモンドSではメンバー中上り2位で3着。

約10ヶ月の休み明け後は、1走ごとに調子を取り戻している点は好印象ですね。

2年前の同レース2着馬。コース適正は問題なく、ここもチャンスは十分ではないでしょうか。

マカオンドール(牡4)55.0

  • 【父】ゴールドシップ(サンデー系)
  • 【母父】Darshaan(ネヴァーベンド系)
  • 【前走】万葉S(オープン)1着

3歳の春の時点では少し終いがずぶい印象でしたが、ひと夏越してからの直近4走すべて上り1位と、今が1番充実している1頭ではないでしょうか。

父のゴールドシップは阪神大賞典を2013年から3年連続の勝利馬。

この舞台は問題なさそうで、今の勢いでは本番を見据えたディープボンドの仕上げ方次第では、逆転もあるのではないかと思います。

「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

最終予想

⇓予想公開中(まっさん)9番目


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました