【大阪杯2022予想】過去5年のデータと血統ポイント

競馬予想

先週の高松宮記念はどうでしたか?

キルロードを買える要素は総流しでしかないというのが僕の見解ですが…

あとからキルロードの戦績を見直してもやっぱり買えないですね。

競馬は難しい…

気を取り直して、今週の大阪杯のデータを見ていきたいと思います。

お名前.com
スポンサーリンク

過去5年のデータ

  • 1年以内で芝1600m~2400mのGⅠレース(海外は除く)3着以内

※連対馬15頭中13頭が該当

開催年過去の該当馬
20171着:キタサンブラック(牡5)⇒ジャパンC(GⅠ)1着など
2着:ステファノス(牡6)⇒天皇賞秋(GⅠ)3着
20181着:スワーヴリチャード(牡4)⇒日本ダービー(GⅠ)2着
2着:ペルシアンナイト(牡4)⇒マイルCS(GⅠ)1着など
3着:アルアイン(牡4)⇒皐月賞(GⅠ)1着
20191着:アルアイン(牡5)⇒マイルCS(GⅠ)3着
2着:キセキ(牡5)⇒ジャパンC(GⅠ)2着など
3着:ワグネリアン(牡4)⇒日本ダービー(GⅠ)1着
20201着:ラッキーライラック(牝5)⇒エリザベス女王杯(GⅠ)1着
2着:クロノジェネシス(牝4)⇒秋華賞(GⅠ)1着など
3着:ダノンキングリー(牡4)⇒日本ダービー(GⅠ)2着など
20212着:モズベッロ(牡5)⇒宝塚記念(GⅠ)3着
3着:コントレイル(牡4)⇒ジャパンC(GⅠ)2着など

春の芝中距離の頂上決戦ということもあり、GⅠレースでの実績は必須です。

昨年は超重馬場でレイパパレが勝利したものの、残り4頭は過去にGⅠ連対の実績を経験していました。

今年の該当馬は

  • アカイイト(牝5)⇒エリザベス女王杯(GⅠ)1着
  • エフフォーリア(牡4)⇒有馬記念(GⅠ)1着など
  • ステラリア(牝4)⇒エリザベス女王杯(GⅠ)2着
  • レイパパレ(牝5)⇒宝塚記念(GⅠ)3着

前走

前走芝2000mの重賞レースで1着

上記のデータに当てはまらなかった連対馬2頭が2017年の3着ヤマカツエースと2021年の1着レイパパレ。

どちらも前走芝2000mの重賞レースを勝利していました。

今年の該当馬は

  • ジャックドール(牡4)⇒金鯱賞(GⅡ)1着

前走重賞レース3番人気以内の重賞勝利経験馬

※過去5年で昨年のモズベッロ以外の14頭が該当

今年の該当馬は

  • アリーヴォ(牡4)
  • ウインマリリン(牝5)
  • エフフォーリア(牡4)
  • キングオブコージ(牡6)
  • ジャックドール(牡4)
  • レイパパレ(牝5)
  • レッドジェネシス(牡4)

過去5年勝利馬の共通データ

  • 前走芝重賞レースで3番人気以内で4コーナー5番手以内で通過した重賞勝利経験馬

今年の該当馬は

  • ウインマリリン(牝5
  • エフフォーリア(牡4)
  • ジャックドール(牡4)
  • レイパパレ(牝5)
名古屋競馬を買うならオッズパーク

血統ポイント(過去5年)

  • 母父に米国型ナスルーラ系、ノーザンダンサー系、ミスプロ系
  • 父か母父にスプリント、マイルGⅠ実績のある馬

加速力とスピードの持続性に優れた米国型の血を持つ馬の活躍が目立っています。

過去には

2017年⇒2着ステファノス

2018年⇒1着スワーヴリチャード、3着アルアイン

2019年⇒1着アルアイン

2020年⇒1着ラッキーライラック、2着クロノジェネシス、3着ダノンキングリー

2021年⇒1着レイパパレ、2着モズベッロ、3着コントレイル

特に直近2年は1着から3着を独占していて、今年も目が離せない血統傾向であることは間違いないでしょう。

あと2017年1着のキタサンブラック(母父サクラバクシンオー)、3着のヤマカツエース(母父グラスワンダー)の2頭ともに母父がスプリント、マイル路線で活躍した名馬。

父か母父がスプリント、マイル戦で活躍した馬ならば、おさえておきたいですね。

今年の該当馬は

【母父に米国型ナスルーラ系、ノーザンダンサー系、ミスプロ系】

  • アフリカンゴールド(セン7)
  • アリーヴォ(牡4)
  • ウインマリリン(牝5)
  • ジャックドール(牡4)
  • スカーフェイス(牡6)
  • ヒシイグアス(牡6)
  • ポタジェ(牡5)
  • マカヒキ(牡9)
  • レイパパレ(牝5)
  • レッドジェネシス(牡4)

【父か母父にスプリント、マイルGⅠ実績のある馬】

  • ジェラルディーナ(牝4)父モーリス
  • ジャックドール(牡4)父モーリス

「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

最終予想

⇓予想公開中(まっさん)16番目


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました